<< 池上げ 蟲 >>

行かず後家

台風一過後、久々に調子に乗って呑んだくれてしまい胃が
「きゅ~~~~~」
となっている土用の昼下がり・・・あぁ、動きたくねぇ(汗

でも、先週植えなおした睡蓮鉢からう〇こ臭を撒き散らせている為
今から嫌々日に当たりに言ってきます。
・・・やっぱ赤玉土はちゃんと練りこんで植えないとダメですね(滝汗

先日もちらっと紹介した我が家の新規「水カメムシ」もといタガメですが、
屋外に移したとたん、僅か数cmの隙間からオスが脱走してしまった為、
早くも行かず後家状態になってしまいました(汗
e0093742_13221345.jpg


こうやって画像で見ると結構でかいですね
・・・自分の指の短さが更にでかさを強調しているような気もしますが(苦笑
e0093742_1324195.jpg


近くで見るとほんとエイリアンそのものですが、最近ちょっと愛着も湧いてきました。
飼育下では2~3年生きるらしいので、オスを再度調達してブリードを狙うか
地味に単独飼育にするか悩んでいます。

飼育する前からある程度は覚悟していましたが、タガメをちゃんと飼育しようと思ったら、
多分アピの比にならないほど手間隙が必要ですね、マジで。
まずエサですが、カルキには強いらしいのですが農薬系には激弱の為
農薬を使っている田んぼや水路で捕まえた生餌は使えないそうです。
(少しでも生餌の体内に農薬が含有されていたらアウトだそうです)
次に飼育環境ですが、水深は10cm程度で水面から20cm程の足場兼産卵床が必要
って事は、最低高さ30cm以上の飼育容器が必要で(まぁ必要としない方法もありますが)
水温は高すぎるとすぐぽっくり行くらしいので、
屋外飼育を余儀無くされている自分にとって飼育場所やケースがかなり限られてきます。

しかも屋外飼育の場合雨等で水深が深くなりすぎるとおぼれる心配があるので
飼育容器にオーバーフロー用の穴が必要で、
しかも水深が浅いと当然ながら水替えがとても大変なので、
(生餌を与えるので水の腐食が半端じゃありません)
底に穴が開いた容器でないと、とても対応し切れません。

そんな感じで試行錯誤の結果、とりあえずこの飼育容器にたどり着きました。
e0093742_13383975.jpg


とりあえずメス単品なので甲羅干し出来る陸地(流木)を作って
日よけと脱出防止にヨシズを載せて、
雨の日はケースごと移動・・・で対応してます。
う~ん、改良の余地がありすぎですね(苦笑
[PR]
by kamaoh | 2007-09-08 13:40 | 独り言 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://kamaoh.exblog.jp/tb/6423019
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 福岡(H) at 2007-09-08 20:12 x
結局、「タガメほちい病」に堪えられなかったようですね。そのあげくに、旦那に家出されようとは。鬼嫁だったのでしょうか?。(笑)

素朴な疑問・普通のカメムシみたいに、強烈な臭いはしないのですか?。
Commented by kamaoh at 2007-09-08 20:33
>福岡(H)さん
あっという間の離婚劇でした(苦笑
確かにエサへのあの食いつきっぷりは鬼嫁そのものなのかもしれませんが・・・もうちょっと我慢して欲しかったですね~。
文献によると繁殖期に熟したバナナの匂いを出すそうですが、普段は何も匂いませんね~。でも上にも書きましたが生餌なんで、屋外飼育のフィルター無しでは水がかなり匂います。
Commented by miyu-tatsu at 2007-09-09 00:38
タガメですか・・・
並び替えると メダカ になりそうですが・・・
エイリアンゆうより・・・
私には、
ご・・・
ゴ・・・・・
ゴ、、、イイエ
た、タガメにしか見えません(冷や汗^^;
よく見ると・・・・か、、、
カワイイカモ・・・。^^;
Commented by kamaoh at 2007-09-09 23:08
>miyu-tatsuさん
確かにこの年になると昆虫を純粋に「格好いい!」って思えなくなりました(苦笑  miyu-tatsuさんと同じくどの昆虫を見ても例の黒い生き物がどうしても頭によぎりますからね・・・自分、あいつは本当に苦手なんですよ、ですから我が家の退治役は嫁さんです(恥
<< 池上げ 蟲 >>