<   2007年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

醜悪

もう各方面で語り尽くされている件ですが、
先日のボクシングの世界戦・・・個人的には「醜悪」の一言に尽きますね。

正直今までテレビ局絡みのキャラ作りだと思ってた部分もあったんですが
ほぼ素だったんだね、あの家族(苦笑

レフリーに指導されなかった反則はまぁ置いておいたとしても
最終ラウンドの投げ、その後のアピール、
そして敗北確定後に相手の健闘も称えずの退散・・・ありえませんね。
メディアに祭り上げられた選手の
心技体全てが虚像であった事が露呈した瞬間でもありましたが、
なんとも気分の悪い試合にさせてくれました。

試合後、風見鶏のように掌を返すメディアの意見の中
何人かの著名人、有名人、あと亀親父が亀田の行為に対して
「若さゆえ・・・」
等の甘っちょろい意味不明の言葉を発していましたが、

「負けがほぼ確定したし、イラっとしっぱなしだったんで投げちゃいました」
っていう行為は

「口喧嘩して言い負かされそうになったんでムカついて刺しました」
「お金が無くって遊ぶ金が無かったんで金持ってそうな老人を襲いました」
「ムラムラしてる所に露出の激しい女性が歩いてたんで襲いました」

これらの行為と全く差異の無い行為だと自分は思います。

ボクシングはスポーツというジャンルではありますが、
基本拳でお互いを殴りあう行為で成り立っていますので、当然生死に関る事故も起きます。
そんな過酷なスポーツにおいて「反則」とされる行為は
当然選手の生死や選手生命に深く関係してくると言うのは考えなくても分かるはずです。
故意に行われたその行為を「若さゆえ・・・」で済むかどうかなんて
・・・あきれ果てますね。

あと呆れついでに試合中に選手に反則を示唆した兄亀のコメント
「ヒジでエエから目に入れろ」
が彼ら曰く亀田家のボクシング用語であり
「あれはヒジを上げてしっかりガードして、目の位置を狙えいう意味。」
って・・・そんな言い訳が通用すると思ってるんですかね?(苦笑
亀親父の「玉狙え」「投げろ」も公になってしまった中、
「11日のタイトル戦での大毅の反則行為は、故意ではありません。」
「セコンドについたトレーナーとして反則行為を止められなかった事は反省しております。」
って亀親父の釈明もよくもまぁ言えたもんですな。

あと今回の件で多くの人が気付いたと思いますが、
自分が以前書いた「TV等の報道=真実」ではないと言う事が
今回の一連の報道を通してわかったんじゃないでしょうか?
それがわかっただけでも今回の試合にも少しはいみがあったのかなぁ?
・・・それにしてもtTBS作?のあの金色のグローブ型トロフィーはなめすぎですよ。

何にせよ一番難しいと言われる初防衛戦にあれだけプレッシャーのかかる中、
見事結果を出した内藤チャンプはお見事でした、おめでとうございます。

最後に・・・。
サンジャポ見たんですがテリー伊藤の意見は個人的にはほぼ同意見でしたが、
(えらい掌返しらしいですが)
ジョージさんよ、国歌も大外しでここでも全く的外れな意見ですか(笑
全くボクシング知らないんだったら知ったかぶりで語らない方がいいですよ。
「釈迦に説法」と言う諺を久々に思い出しました(苦笑
[PR]
by kamaoh | 2007-10-14 11:15 | 独り言 | Trackback | Comments(8)